• 一誠塾 和魂

沖縄慰霊三日目 在日米軍基地時局問題討議

 普天間飛行場は在日米軍海兵隊軍用飛行場 宜野湾市の四分の一を占める。

 平成二十九年十二月十三日普天間第二小グラウンドに米軍ヘリの窓枠が落下。男子児童がケガをした。

 世界で最も危険な基地と言われている。




 一言の欄の対米自立=日米同盟を長らく書けなかったのは、自分なりに一度、自分の目で沖縄を見て、現地の人と交流してからにしようと思いずっと書けなかった。言論には自由がある。しかし、だから何を言っても書いても良いとする所は小人のする事で、己が吐いた言葉には責任がある。己が吐いた言葉には責任を持たなければ、その言葉は意味すら持たない。小生は改めて沖縄を見てこれまで以上に対米自立の思いが強くなった。

© 2023 by Don Richards. Proudly created with Wix.com