• 一誠塾 和魂

國體護持の第一歩とは、人格の形成にあり。

現在、親が子を虐待したり、子が親を殺すといった名ばかりの家庭状態である。

そこに家族はない。仕事に対し、働くことを罰と考えるのは西洋的で、日本人であるならば仕事に対し誇りと責任、感謝できる人にならなければならない。

全ては人格形成にあり。

愛国だのと言っている人ほど、まず自分を見つめ直し、改めて人格形成にあたるべし。

我々、一人一人が國體の一部であることを忘れてはならない。

そのことを自覚して行動しなければならない。







© 2023 by Don Richards. Proudly created with Wix.com