• 一誠塾 和魂

みたままつりのゴミ捨てについて

みたままつりは平成三十年七月十三日から十六日。


昭和二十二年に始まったみたままつりは、境内に数多くの献灯(みあかし)を掲げて 戦没者のみたまを慰め、英霊に感謝する夏まつりです。

しかし、SNS(インスタグラム)の投稿写真やインターネット投稿画像より、境内にゴミが散乱している画像が見受けられました。ゴミ捨て用かごが一杯になりゴミが溢れて周りに散乱している状況です。

 このような英霊を貶めるような行為は、到底日本人として恥じるべきで許されるものではありません。

まず神社の境内にゴミを捨てる感覚が理解し難い。たとえゴミ箱があろうとも。


 大東亜戦争後の聯合國、GHQによる洗脳計画の一つ『神道指令』の影響が現世代の日本人にまで涵養していき、このような行為に対し何も思わなくなってしまっている(洗脳されたままで全く気付かずにいる)現代の日本人が多くいることにさらに危機感を覚えてしまう。




© 2023 by Don Richards. Proudly created with Wix.com