対米自立=日米同盟 (中)

 

 ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム(WGIP)。

 日本人に罪悪感を植え付けるための宣伝計画!!

 日本国民に戦争は日本の軍部が全て悪い、日本はアジア諸国を次々と侵略し、南京大虐殺やアジア諸国の平和を破壊し、日本国民の生活をも苦しめた。広島と長崎の原爆は、そんな日本の軍部に対して早く戦争を終わらせるためで、悪いのは日本国民では無い。悪いのは軍部(大日本帝国陸軍)です!!
 米国は日本のアジア解放を侵略と置き換え大東亜戦争の名称を太平洋戦争とし、日本の大東亜共栄の理念をGHQは隠蔽し、日本の神道を徹底的に攻撃!神社に対する国家保護を解体して日本人の精神を弱体化させて憲法と皇室典範を改正!!

 この戦争は米国が引き起こした!!間違っても真珠湾攻撃からではない!!米国が支那の蒋介石や毛沢東に援助し、(JB355)昭和16年7月23日対日攻撃書にルーズベルトが署名したこと!!ABCD経済包囲網!!この事実を隠蔽!!連合国の都合の悪い事は全て隠蔽して、まるで日本が悪と言わんばかりに日本人に罪悪感を植え付ける。百人斬り、南京大虐殺、慰安婦、侵略戦争…全て捏造であり!!廃止した焚書坑儒(国学書)を焼き尽くす!!もう二度と日本人の大和魂を目覚めさせない為に!!1万1千250トンの書が焼却された!!日本は戦争で国際条約を念頭に置き、連合国やソ連のように国際法違反は行っていない。

 まず昭和20年8月15日は前日に、 陛下がポツダム宣言を受諾なされ、翌15日に宣言受諾の御詔勅が下り、玉音放送にて国民に対して(一日でも早く国民の生命と財産を守るため)降伏したと御告げになられ、皇軍には停戦協定であり17日に武装解除がしかれ、9月2日に米国戦艦ミズーリで有条件(条件付き)の降伏文章に調印。<連合国やソ連は9月3日に対日戦勝記念日としている>そして昭和27年4月28日に日本はサンフランシスコ講和条約を米と結び、一応独立国として表面的に主権を回復したに過ぎない!

 米国は日本人の底知れない民族精神と団結力そして何よりも大和魂を怖れた!だから日本人が二度と刃向かう事が出来ないようにするため日本人殺戮や日本の犯罪人を仕立て主要人物を死刑にし、日本陸軍悪玉論を作り上げ、日本国民の思想を変えさせ『世界一愛国心の無い、自分勝手で欲深い人間に変えた』。

 米国は、まず新聞、雑誌、ラジオ、私信など全ての情報源を抑え込み、日本人を洗脳!一週間足らずで日本国憲法を作り、日本社会の指導者21万余人を追放しGHQは確認不足で共産系の人物が代用され、日本道徳的な教育の廃止、ラジオでは米国が台本を制作して日本人に3年間にわたり放送させ茶の間に日本戦争犯罪を流し続けた! 

 またソ連を対日参戦に参加させた事ばかりでなく、満州や南樺太などから100万人を越える日本人を拉致しソ連のシベリアで強制労働をさせ!極寒の大地で多くの方々のが亡くなられた!!生き延びた人達は共産的なコミンテルンを植え付けられた!!領土問題は、もとより!強制労働と日本人民間人に対しての虐殺や強姦した事も隠蔽!!ソ連からロシアとなった今もなお、賠償は勿論、謝罪すら無い!!日本の報道機関も、発端が米国による策略なので余りこれに触れない!そして日本が大東亜共栄の実現に国家の生命と新アジアを目指して戦い抜いた事にも、英国や蘭はアジア地域で植民地支配を続け、アジアを侵略した事なども隠蔽!

 また朝鮮に対しては日本人と朝鮮人の絆を断ち切る制作に力を入れ、マッカーサは朝鮮の仁川で日本陸軍の武装解除と治安維持の為、上陸し朝鮮人民対して『日本人は20年に亘って貴方達を搾取してきた、我々は朝鮮人を解放しにきた!!』そして日本本土と同じように洗脳計画を行った!これに便乗したのか?慰安婦問題を南朝鮮は持ち出し、更にイ・スンマンラインを独断的に政策し竹島を占拠!この時、日本政府は無力状態にあり、日本の主権は米国に有ったが!日本民族弱体化の為!!これを黙認した。日本は朝鮮半島を併合した訳であって、侵略したのではない!つまり日本が朝鮮を自国の一部として道路、銀行、学校、大学、ホテル、鉄道、港、橋、ダム、工場社会制度を近代化に改善!発展させようと努力しましたが!?古来からの民族性も有るのか?謝罪と賠償を未だに要求します?

 また朝鮮半島は古来より中華思想が蔓延しており、日本よりも、劣っている事が我慢ならないと言う考え方があり、日本に併合された事が汚点としています!また強制労働として日本に送られたと言っていますが!ソ連侵攻で混乱した朝鮮半島から日本人避難民と一緒にに多くの朝鮮人が日本に住み着きました!

 また日支関係の歴史を改ざんする政策も行った!日本と支那を完全に分断させて争わせる方向に誘導した。(南京大虐殺)この政策は現在の中華人民共和国に確りと受け継がれている。

 日本が大東亜戦争を戦わざるを得なくなったABCD包囲網やハルノート、支那の対日軍事支援なども隠蔽、あくまでも日本から戦争を始めたと広言。

 大東亜戦争?戦争には必ずや!!原因がある、その真実の原因そのものを隠蔽!!日本には軍国主義など無かったのに、まるで軍国主義があり皇軍の人道的活躍など報じる事を禁じた!!皇室を中心とした日本の国体破壊を進めた!!大東亜と言う、言葉自体で当時のアジアの情勢が分かってしまう。だから大東亜戦争の名称を無くし、太平洋戦争と名命した!!

 戦争犯罪?A、B、Cなどの等級に分けて、裁判にかけた!しかし裁判とは名ばかりの、単なる復讐リンチ!!
 戦争その物は殺人罪にならない!戦争法規が存在することが合法的で有ることは世界的に視ても、当たり前のこと。

 戦争がもし非合法的な物なら国際法は、基より国連加盟やルールなど無いも当然!また、『平和に対する罪』など、容認できるものではない!!国家レベルの問題を個人で責任を問うなど有り得ない!!国際法は飽くまでも国際法で、国家レベルでの適用される。

 敗けた、大日本帝国は国際法を遵守し!勝った、米英支蘭ソが国際法を無視!勝てば何をしても良い!?おかしい?これがまかり通るならば、もはや国際法など意味すら無い!!

 米国を中心とする連合国はA級戦犯を4月29日『昭和天皇陛下御生誕日』に起訴し12月23日『皇太子殿下(今上天皇陛下)御生誕日』に処刑!我々、民族の次ぎの世代まで、汚点を残して遣ろうとする、その腐り切った行為に、激しい怒りが込み上げる!!

 東京大虐殺も3月10日の陸軍記念日だったように!ウォーギルトインフォメイションプログラムは、日本人に飴と鞭を巧みに使い!もう二度と日本人が逆らわないように仕組まれた世界一の洗脳計画だ!!

 米兵は日本軍兵士の自爆攻撃が理解不可能だった、これは生きる事、命、に対する思考や価値観が全く異なる事に有る。米兵は日本兵と戦闘中、『何故?日本人は仲間(日本兵)の死体を自らの命の危険を顧みず、持ち帰るのか?また、逆に瀕死の重傷者に対しては助けるのでは無く自決を促すのか?』我々日本人!大和民族は命に価値観を見いだすのでは無く!魂に価値観を置き、また精神力の計り知れない決して目に写る事の無い物に全てを懸けたので在って、それが必ずしも全て正しい訳では無いが、合理的な西洋的観点からは理解できないのは当然だろう。

 余談だが、鉄腕アトムと言うマンガが日本のみならず米国でも放送された、但し米国では最終回は放送されなかったらしい!何故ならアトムが地球を守る為に自らの命を投げ出す内容だったかららしい。

 要するに米国の価値観は最後は必ずハッピーエンド!自分(正義)は必ず勝つ!主人公が死ぬなど全く理解不能と言う事だ、日本には美意識の中に滅びの美学なる物が必ず日本人なら在る。例え結果が悪く目標を達成出来なくてもその過程に意味があり、結果良ければ全て良し、とする考えは日本人とって何か疑問を感じる事なんです。この様に米国は戦争に勝った自分達が正義と言う傲慢がまかり通る世界!を理想とし、世界一の米国が独占した戦中戦後背景が有ります!

 これが100歩譲って戦前世界を独占した英国なら又それはそれで変わっていたかも知れません?何しろ当時、日本の本命の敵は米国では無く!アジア諸国に強い影響力を持ち、世界一植民地を持つ英国だったんです。米国が介入する事は当然だったので、先に先制攻撃したに過ぎませんでした!

 しかし時間が経つにつれて本命の敵は米国にシフトして往きます、開戦当初は破竹の進撃を魅せた帝国陸海軍ですが、やがて物量の前に国防権を抑えられ、シーレーンも無くなると、遠方の部隊に補給も出来ない、また補給する物資も不足!そして日本に無慈悲な爆弾攻撃!盟友の独と伊は降伏し、条約を一方的に破棄してソ連が参戦!この戦争は紛れもなく日本にとって建国以来、我々が経験した事の無い戦いで国家の威信を懸け!我々日本人の生存権を懸けた人種戦争だ!!どちらにせよ米国は始めから日本人を殺戮する気だったので、米国との戦争は避けられない!

 しかし、もしあの時日本はハルノートの条案を飲んでいたなら!日本は、朝鮮半島の様に分断されていたかも知れない!!日本は米国に無理矢理開国させられ、開国した以上、生き残るために清と戦い、そしてあの大国ロシアを倒し生き残りを懸けて!世界に挑んだ!そこに米国が日本を又も力ずくで、無理矢理抑え込んだ!!飽くまでも日本と米国は対等!!日米間の条約を見直すべき!!米従属など我々民族の本来の姿ではない!!

目覚めろ日本よ!

英霊が護りたかった日本を取り戻せ!!

道義国家日本よ世界の真ん中で咲き誇れ!!

© 2023 by Don Richards. Proudly created with Wix.com